2007年08月07日

ペット トイレ しつけ


ペットホテルは、飼い主に急な用事が入ってしまった場合や、どうしても旅行などでいっしょにペットを連れて行けない場合に利用するサービスです。良いペットホテルの場合、ペットのストレスを軽減しようと、ペットの立場でサービスを提供しています。


ペットホテルを利用した場合、ペットは飼い主と離れるので、多少のストレスは溜まるものです。ストレスを少しでも減少させようと、毎日の散歩、部屋の空間や空調、清潔面、衛生面などを気遣ってサービスするペットホテルもあります。できれば24時間スタッフがいるところを見つけましょう。夜間に鍵をかけて誰もいなくなるようなペットホテルはお勧めできません。


ペットホテルを利用する際は、だいたい室内で飼われていることを条件にされる場合が多いです。またきちんと予防接種を受けていることも条件としてあります。そして基本的なしつけがなされていれば、ペットホテルで預かってくれます。


ウサギの飼育体験談
ウサギの飼育体験談三年以内くらいの範囲でウサギの飼育を考えています。今現在はフェレットとヘビという、どちらもウサギを襲う肉食連中を飼育しているので少し躊躇してしまうのですが。犬・ネコの飼育経験はあるのですがどちらも金銭の面でも手間・責任の面でも少々重く、またつい最近17年来くらした犬と死に別れており、それより数年前ですがネコとも死に別れているためイヌネコはあと5〜10年は避けたいと思い…長い間飼育したかったウサギの飼育を考えています。フェレット・ヘビなどのウサギをエサとする肉食動物の姿を見るのもニオイを嗅ぐのも存在を感知するのもウサギにはストレスと聞いています。ヘビはウサギを食べるような恐ろしいサイズではないのでもちろん危険はないのですが、フェレットともどもウサギと鉢合わせしないように考えています。フェレットは納屋で、ヘビは自室で(暖かくないといけませんから)飼育していて、フェレットは時折庭に離してやります。もう七年になりますが逃げず肩に乗るほど慣れており外にも行きません。この環境でウサギを追加飼育する場合、納屋で飼育するとフェレットのニオイが充満していますし、ヘビを移動させて自室にウサギを入れる(もしくはリビングや二階などにウサギケージを設置)と考えているのですが、一般的にウサギを1匹ペットとして(家畜のケースは除く)飼育されている場合、自室が多いのでしょうか?フェレットと同じように時折庭に放してやったりプランターで穴でも掘らせてやりたいと思っているのですがフェレットのニオイがついていて恐怖を覚えるなら部屋のほうがいいものかと…ネコのような立体行動はしないにしろ、部屋はしっちゃかめっちゃかにされるのを覚悟の上のほうがよいでしょうか。日本に昔からいる丈夫な「白」、縁日のミニウサギの類は避けて、ロップイヤーやネザーランドドワーフなど、種類はまだ決定していませんがそちらの方面の単独飼育を考えています。小型の種族は少々神経質だと聞きました。ウサギ関連の本は一応数冊読んではいるのですが、書籍は書籍、やはり現場の体験談を伺いたいと思い質問させていただきます。トラブル、注意点、ウサギとの日常など、負の面を特に中心に伺えればと思います。ペットショップやテレビは営利のために褒め言葉のほうがどうしても前面に出てしまって情報が偏るのであまり役に立ちません・・(続きを読む)




ペット育成ゲーム
などのしつけを行いましょう。もし、言うことを聞かなかったら、しばらくおあずけにして、飼い主から食事をもらうということを教えておきます。 トイレのしつけがうまくいかないとペットの頭が悪いんじゃないかと心配する人もいますが、そんなことは ...(続きを読む)




posted by ペットのしつけ教室てなに at 12:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。