2007年09月07日

ペット 犬 しつけ


ペットのしつけはどのようにされていますか?


はじめてペットを飼った場合、どのようにしつけをしたらよいかわからないこともあると思います。ペットが小さいうちにしつけ教室に参加することで、飼い主自身も今後のペットとの共同生活が楽しく有意義になります。


ペットのしつけ教室への参加は、ペットが6か月未満の場合が多いです。この時期が一番社会性を築く上で重要な時期だからです。多くの飼い主は、ペットが小さいうちは「かわいいから」と甘えさせてしまう傾向がありますが、時には厳しくすることも必要です。


ペットは甘えさせてばかりいては、大人になってからが大変です。よきパートナーとしてペットと共同生活をしていくためにも、しっかりとしつけをすることが大切。ペットのしつけは飼い主の責任なのです。ペットが賢くあるかどうかも、全て飼い主のしつけの仕方で決まります。


ペットのしつけ教室を開催しているところは全国いろいろあります。ネットで検索してもよいし、口コミで探すのもよいです。住んでいるところに近い教室を探してみてください。しつけ教室に参加する場合、ペットが予防接種を受けていることが条件というのが多いです。


飼い犬が いくら躾けても噛みつきます。
飼い犬が いくら躾けても噛みつきます。飼い犬に噛み癖が直らないことで悩んでいます。現在 8歳で2,3歳くらいから唸ることなく いきなり噛み付いてくるようになりました。その度に縫ったり点滴を打ったりで・・。年に数回あるので去年 ドッグスクールへ7ヶ月間いれて、その後 2回ほど また噛まれたので 今年に1ヶ月間 再度預けました。それでも、噛み付くんですね。。縫うほどに。先生から教わった事は私達家族なりに守っているつもりなのですが 自分の気に入らない事や首元をさわろうとすると同じ事の繰り返しです。現在はしつけ用のチェーン(首の)をしながらリードも家の中でも 付けっぱなしの状態です。歩きにくそうですが 何かあった時 紐をつかめるのと、散歩に行く時 紐だけを持てばいいので外す事は出来ない状態です。10kgのビションです。この先 触る事すら出来ない状態が続くと思うと・・。何か方法があるでしょうか?(続きを読む)




「信毎ホームページ大賞」にノミネートされました
子犬を迎える準備から始まり、しつけの苦労話、 病気や去勢手術の体験談、手作りごはん奮闘記など。 近年、ペットブームの一方で、ペットを捨ててしまうしまう人も増えていると聞きます。 それは、あまりにも安易に犬を飼う人が増えたからではないか、 ...(続きを読む)




posted by ペットのしつけ教室てなに at 22:09 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。