2007年11月10日

ペット トイレ しつけ


ペット保険という言葉を耳にするようになってきました。ペットは今では多くの家で家族同然の存在となりつつありますし、実際、ペットに長く健康で生きてほしいと願う飼い主も少なくありません。ですから、「ペットの医療費は保険が利かないため高額である」という不満ならびにペットへの保険の適用を望む声が出るのも無理のない話です。


ペット保険が誕生した背景には、医療技術の進歩によってペットの高齢化が進む中、人間と同じようにガンや白内障、痴呆といった病気に罹るペットが増えてきたことがあげられます。ペットの中には病気治療が長引くケースも増えていますので、そうなるとどうしても医療費がかさみます。


ペットにも保険があったら――ペット保険は、こうしたリスクを改善するために誕生したのです。


ペット保険は、通院や入院、手術といったときの保障をしてくれます。ペット保険の種類によって、対象となる年齢、掛け金、保障内容等は異なります。各社を比較検討して、飼っているペットに最適なペット保険をぜひ見つけてください。


トイレのしつけについて
トイレのしつけについて今、ミニチュアダックスフント♂8ヶ月を飼っています。買った時は2ヶ月でした。半年くらいゲージにトイレを敷き飼っていましたが、仕事上朝晩しか面倒を見てあげられないのでウンチを踏み荒らしてしまったり、大きくなってきたので畳半畳より少し大きいくらいのサークルを購入し移してあげました。ペットショップの方にゲージにトイレを一面に敷き、その中で飼っていればトイレは覚えますと教えてもらいましたが、ゲージの中でも、トイレとの間にすることがしばしばありました。そんななか新しいサークルに移したのですかやはりいろいろなところでしてしまいます。しかも噛み癖があるのでトイレのふたを開けて紙を破いてしまいます。もうトイレを覚えないんでしょうか??おねがいします(続きを読む)




ペット トイレ しつけ
とくにトイレのしつけはワンちゃんに必ず覚えてもらいたいことなので、しつけるのにも根性が必要になりますね。 “現行犯で叱る”ということを意識していただければ、早い段階から仔犬が正しいことと間違っていることを判別できるようになるので、必ず . ...(続きを読む)




posted by ペットのしつけ教室てなに at 13:16 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。