2007年11月22日

ペットしつけ 猫 水


ペットを飼ったからには、一日でも長くいっしょに暮らしたいと思うのは当然のことです。そしてペットの健康管理をするのは飼い主の責任の一つです。ペットは具合が悪くなった場合、自分で喋ることができません。飼い主がペットの様子がいつもと違うことに気づき、動物病院へ連れて行くことになります。


ペットが病気にならないようにと願うのは、飼い主としては当然のことでしょう。人間と同様、ペットも病気に対しては早期発見、早期治療が必要です。そのためには、ちょっと気になることがあった場合はもちろん、健康チェックしてもらうだけでもよいので、動物病院へ行き、気軽に獣医に相談することをお勧めします。


ペットが病気になった場合、経済的な負担をしいられるのは飼い主自身です。そうならないためにも、普段からペットの病気を未然に防ぐこと、いわゆる予防対策をしていくとよいでしょう。動物病院では獣医師や看護師、他のスタッフ等から適切なアドバイスがもらえます。また、他のペットの飼い主とも出会えるので、情報交換の場でもあります。


飼い主やペットにとって、動物病院は病気を治してくれる場所というだけではなく、予防という面でも適切なアドバイスをしてくれるところです。親身になって相談できる動物病院をぜひペットのために見つけてください。




ペット用かじりつき防止スプレー噛めないワン 500ml
内容量:500ml■成分:トウガラシエキス、水 しつけ用品犬・猫用しつけ用品/犬・猫しつけ用品/ペット用しつけ用品/ペットしつけ用品/犬・猫用品/ペット用品 本製品は、ご家庭内のペットのかじりつきを防止するスプレー剤です。 スリッパ、机、椅子の脚、 ...(続きを読む)




posted by ペットのしつけ教室てなに at 09:04 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。