2007年12月05日

犬 ペットしつけ


ペット介護を経験している方はどれほどいらっしゃるでしょうか。ペットの寿命は延びていますが、やがてはペットにも老いが訪れ、または病気になり、人間と同じように介護が必要となります。


ペット介護がどういうものなのか、理解できない人もいるかもしれません。しかし人間と同じように、たとえば歩行がしにくくなったら、散歩も介助が必要になってきます。更にペットが歩けなくなると、寝返りや排泄といった介護も必要となってきます。大きなペットほど体重があるため、ペット介護はなかなか大変かもしれません。


ペット介護をするにあたり、何かと必要なものが出てくるものです。たとえば歩くのが大変になってきたら、ペット専用の補助具や車椅子等を利用してもよいでしょう。あまり動けなくなってくると、厚手の敷物等が必要になってきます。


ペット介護といっても、必ずしも特別なものを用意しなければならないわけではなく、色々とあるもので工夫してみるのも良いでしょう。しかし、便利な介護用品も出回っているので、それらを利用するという手もあります。どちらにしても、飼い主がある程度のゆとりを持って、ペット介護を心掛けるようにしてください。飼い主の温かい心は、必ずペットに伝わります。




ペット しつけ
西日本新聞運営資金は、寄付やペット犬のしつけ訓練による収益などが頼りで、支援や協力を呼び掛けるとともに、介助犬を利用したいと思っている人や介助犬となる子犬を預かってくれるサポーターを探している。 ...(続きを読む)




posted by ペットのしつけ教室てなに at 20:11 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。